債務整理 減額

カードローン地獄からの脱出@借金解決する方法

私は7年ぶりに、借金の無い生活に戻れました。

あなたの借金が無くなるか、10秒で解ります(無料)

債務整理でどれ位減額できる?

 


債務整理で借金を減額することができますが、債務整理の中にもそれぞれの種類があり、減額できる金額も違いがあります。

 

実際に、債務整理の種類によって借金をどのくらい減額することができるのでしょうか?

任意整理の場合

  任意整理とは債権者と債務者が直接交渉することによって、以後の返済額や返済方法を決めていく手続きですが、この方法を利用するとまず手続きをする段階で利息制限法に引き直し計算をすることになり、これによって借金が数十万円単位で減るということも珍しくありません

 

また長期間取引をしていた人は過払い金が発生している場合があり、減額どころか逆にお金が返ってくる場合があります

 

このようなことから100万円の借金を負っていた人でも20万円から30万円になって、容易に返済することができるようになったり、借金がゼロになり、100万円が戻ってくることになるので、手続きをするメリットはかなりあると言えます。

個人再生の場合

  個人再生とは裁判所に申立をして借金の額を大幅に減額してもらい、残った借金を裁判所から認可決定を受けた再生計画に従って、分割で返済をしていく手続きですが、この方法を利用すると100万円以上の借金を負っている場合は借金の額の5分の1以下かつ100万円に減額されます。

 

しかし100万円未満の場合はその額を支払うことになり、減額されません。

 

そのため何百万円単位の多額の借金を負っている人は大幅に減額をしてもらえるメリットがあります

自己破産の場合

  自己破産とは裁判所に申立をすることによって、生活に必要な物以外の財産を提供するのと引換に借金を免除してもらう手続きのことで、この方法を利用すれば借金をゼロにすることができます。

 

しかしすべての場合において借金をゼロにしてもらうことができるというわけではなく、免責不許可事由がなくて、裁判所から免責決定を受けることができた場合です。

 

そのためギャンブルや浪費などの免責不許可事由に該当する借金をしている場合は借金をゼロにしてもらえない可能性もあります。

 

借金解決方法

TOPへ戻る