債務整理 デメリット

カードローン地獄からの脱出@借金解決する方法

私は7年ぶりに、借金の無い生活に戻れました。

あなたの借金が無くなるか、10秒で解ります(無料)

債務整理という借金解決方法のメリットとデメリット

 

債務整理の手続きは任意整理、個人再生、自己破産があり、またそれぞれメリットとデメリットがあります。 カードローンの支払いができなくなった場合なども、借入金額や状況に応じて選ぶ事が必要です。

任意整理

任意整理とは裁判所を利用することなく、債権者と債務者が直接話し合いをして、返済する借金の額や返済条件などを決めて整理をしていく方法です。

任意整理のメリット

・ 裁判所を利用しないで手続きをすることになるので、債権者と話がうまくまとまるとスピーティーに解決をすることができます。

 

・ 手続きをしていることを自分の家族や知人に知られることはないので安心できます。

 

過払い金が発生している可能性もあるので、手続きをすることで一気に借金を返済することができる場合があります

 

自分の整理したい借金を選んで手続きをすることができます

任意整理のデメリット

・ 専門家が対応しないと交渉の相場が解りづらく、債権者と話し合いがまとまらない場合時間がかかってしまいます。

 

5年から7年程度の期間、信用情報機関に登録されてしまいます

個人再生

個人再生とは裁判所に申し立てをし、一定の限度額まで借金を大幅に圧縮して、その額を分割して返済していくという方法で、継続的な収入を得ていること、無担保の借金が5000万円以下であることなど利用するのに一定の条件があります

個人再生のメリット

住宅や車など高額な財産を手放すことなく手続きをすることが可能です。

 

借金の額を大幅に減らすことができるので、その後の返済も楽になります。

 

・ 自己破産の手続きをする場合とは違い、職業制限を課されることはありません。

個人再生のデメリット

・ 任意整理の手続きとは違い、自分の整理したい借金を選択して手続きをすることはできず、すべての借金を同時に整理する必要があります

 

5年から7年の期間、信用情報機関に登録されてしまいます

 

・ 官報に掲載されてしまうので、調べられると手続きをしていることがバレる可能性があります。

 

・ 手続きが複雑で長期に及ぶので専門家の力がどうしても必要になってきます。

自己破産

自己破産とは所有している財産を提供するのと引換に、借金を全額免除してもらう方法です。

自己破産のメリット

・ 借金がすべて免除されるので再スタートを切りやすい。

 

借金の悩みから一気に解放されます

自己破産のデメリット

自分の所有している財産を全て提供しなければなりません

 

・ 手続きをしている間は、一定の職業(公務員や仕業など)に就けなくなってしまいます。

 

ギャンブルや浪費で借金をした場合は利用することができません

 

・ 官報に掲載されてしまうので、調べられると手続きをしていることがバレる可能性があります。

 

・ 手続きが複雑で長期に及ぶので専門家の力がどうしても必要になってきます。

 

タグ :

借金解決方法

管理人が依頼した弁護士事務所

リヴラ総合法律事務所

 

リヴラ総合法律事務所

私がお世話になった弁護士事務所です

■初期費用0円で2社以上借入れ専門の弁護士事務所で、24時間365日全国対応、初回の無料相談も非常に丁寧です。実績も豊富で費用は安く分割可能だった為お願いしました。

詳細はこちら

TOPへ戻る