カードローン地獄

カードローン地獄からの脱出@借金解決する方法

カードローン地獄から脱出した私の借金解決方法

合法的に、あなたの借金をどれくらい減らすことができるか知っていますか?

 

こちらを利用すると10秒で解ります → 無料!借金減額シュミレーター

 

 

カードローン地獄に陥る原因と対策法

 

カードローン地獄に陥る理由として、ギャンブルやショッピングのしすぎというだけで無く、生活費の補填として少しずつキャッシングなどを利用して借金額が膨れあがることで、いつの間にかカードローン地獄に陥るというケースが増えています。

 

もちろん、事故や入院、失業など不慮の出来事で仕方なくキャッシングを利用する人も大勢いますが、収入に見合わない生活をしてしまう計画性のなさが、カードローン地獄に陥る理由として最も多いのが現実です。

 

特にリボ払いに設定すると毎月の支払い額が少なく済むために、毎月入ってくる収入以上の生活をしてしまう借金癖がついてしまい、欲しい物があると気軽にクレジットカードで分割払いにしてしまったり、アコムやプロミスなどの消費者金融や銀行のカードローンなどでお金を借りてしまうようになります。

 

これが多重債務に陥るきっかけになり、翌月はまた支払いがあるために生活費が足りなくなり、更にカードローンで借り入れする事になり、その繰り返しで借金の総額は増え続け、それが続くと限度額一杯になり破綻してしまうわけです。

 

借金は元金に合わせて金利を支払うわけですから、最低返済額などに設定していると元金自体は簡単には減ってくれず、毎月の支払いが少ない状態で借金を繰り返すと借金は増え続けていくという事になります。

 

この流れを断ち切るには毎月の返済額を上げる必要がありますが、その為には転職するか、現在の仕事と並行して副業やアルバイトをして収入を増やしながら、更にこれ以上の借金をせずに支出を減らすという事が重要です。

 

収入を増やす事が今すぐ出来ない場合は、債務整理などを利用して借金の整理をする以外に借金地獄から抜け出す方法はありません。

 

※支払いが苦しいからといって、間違っても闇金などに手を出してはいけません。

法律を無視した高金利で元金は減らず、更なる借金地獄に陥るだけです。

 

注意!リボ払いの支払い設定は危険

 

クレジットカードなどでも支払いをリボ払いに設定する事で毎月の返済額を押さえることが出来ますが、金利が高く支払いが長引くこと、また知らない間に借り入れ限度額一杯になってしまうため非常に危険です。

 

リボ払いは支払金額の中に占める利息の割合が高く、例えば毎月1万円ずつのリボルビング方式、金利17.8%で30万円借り入れた場合、完済するまでに40ヶ月かかり、利息は99,852円になるので、返済合計金額は399,852円にもなります。

 

元金30万円だけでなく10万円近い金額を足して支払うわけですから、その元金が増えていく状態ではカードローン地獄から永遠に抜け出す事は出来ないという事ですね。

 

リボ払いに設定している人で毎月の支払いが厳しいという場合は、かなり危険な領域にいると言えます。

 

毎月何とか支払いをこなしても借金の元金は少しずつしか減っていので、その苦しい状況が何年も、場合によっては何十年も続くという事になる訳ですから、これでは急な出費がある度に借金が増えてしまう訳ですから、破綻するのは時間の問題です。

 

こういった状況の場合、出来るだけ早い段階で弁護士や司法書士など専門家の無料相談を利用して、どういった方法が一番良いか確認することをお勧めします。

 

また、合法的に借金がどれくらい減額されるかを調べておくことオススメします

 

私も利用しましたが、匿名で利用できて10秒で結果がわかります → 無料!借金減額シュミレーター

 

家や車などの高額なローンを組む場合も長期間の支払いに縛られるので、自分の年収や年齢を考え、計画性をしっかりと持つことが更に重要になります。

 

このまま借金を放置するとどうなるか?

 

カードローン地獄に陥り支払いが毎月きびしい状況になると、記述のように支払いの為に新たな借金をする多重債務になり、どんどん借金額が膨れあがっていきます。

 

多くの場合、借金が膨らむと冷静な判断が出来なくなり、焦りや不安から様々な事に手が付かなくなり、人によっては身近な人との喧嘩が絶えなくなったり、心配で夜眠れず体調を崩してしまう人も多いですね。

 

ひどい場合は自暴自棄になり自殺する人もいるのが借金地獄の恐ろしい現実です。

 

毎月支払いの事ばかり考えて未来が見えない現状であれば、そういった最悪の状態になる前に、どうすればカードローン地獄から抜け出せるのか、解決方法をしっかりと考えましょう。

債務整理以外の解決方法は?

 

収入を増やし支出を減らす

現在、カードローン地獄で支払いが厳しい場合、アルバイトや副業を始めるなどして、とにかく収入を増やすことを検討しましょう。

 

同時に、これ以上の借金を増やさないためにも支出を減らせないか検討し、家計簿に付けてお金の管理をする必要があります。

 

家賃や保険料、携帯電話のプラン、光熱費など毎月固定で必要な支出から見直し、減らせられるモノは徹底的に減らし、どうしても必要な地域の人で無い限り、経費のかかる車やバイクも手放しましょう。

 

それぐらいしないと、生活をしながら借金を返済する事はできません。

おまとめローンで借金をまとめる

カードローンからの借入年数が長く、昔の高金利で消費者金融から借り入れしている場合などは、おまとめローンなどを利用すると金利が下がることもあります。

 

ですが、銀行の厳しい審査に通貨する必要があるため、現在の年収が高く安定した企業に勤めている等、良い条件の人でないと借金の総額全てをおまとめローンでまとめられるという事ではありません。

 

また、最近は法定金利以下での貸し付けが殆どですので、おまとめローンを利用しても少ししか金利が変わらないため、大幅に支払いを減らすというのはあまり期待できないでしょう。

夜逃げ

事業で失敗した人が夜逃げをするなどドラマでもありましたが、借金に時効が有るとはいえ夜逃げは基本的な解決方法にはなりません

 

消費者金融や闇金などの金融機関は、少し落ち着いて取り立てがやってこないと安心したタイミングで、逃げた債務者が住民票を移すことを知っているので、債務者が支払いに困り夜逃げをしたとしてもすぐに探し回ることはありません。

 

ですが債務不履行の記録は5年又は10年以上残りますし、その間ズッと追われていないか気にし続ける必要があり、もちろんクレジットカードやローンなども全て審査に通りません。

 

夜逃げをしても人間らしい生活を続ける事がデキなくなるだけですから、夜逃げをするくらいであれば法的に認められた債務整理をしてやり直す事をオススメします。

 

 債務整理での借金の整理とは

債務整理には種類があり、それぞれのメリットもデメリットも違うので、自分に合った債務整理の方法を選ぶ必要があります。

任意整理とは

将来利息をカットしてもらったり毎月の支払金額を見直してもらえるように、裁判所を通さず債権者である消費者金融や銀行などの金融機関と直接交渉をします。その際に過去払いすぎている過払い金などがあれば過去にさかのぼって返還請求できる場合もあり、それによって借金残高が0円になったり払い戻しがある場合もあります。債務整理の中でも最も多いのが任意整理で、住宅や車など資産を保有したまま整理したい借金だけを選ぶ事が出来ます。

任意整理デメリット

任意整理をした後はブラックリストに載る為に、約5年ほどは新たな借入が出来なくなります。また、将来利息の免除なので個人再生や自己破産ほどの大幅な減額が期待できるわけではありません。

個人再生とは

債務を5分の1から10分の1まで減らしてもらうように裁判所に再生計画案を提出して、認可されれば3年から5年かけて債務された金額を支払います。その際に新たな金利はかかりません。また、自己破産とは違って持ち家などの資産を保有したまま出来るので、5000万円までの多額の借金を抱えている人にオススメです。

個人再生デメリット

個人再生をした後はブラックリストに載る為に、約5~10年ほどは新たな借入が出来なくなります。また、個人再生計画に則った支払いができない場合に認可取り消しになる可能性があるだけでなく、無職の人では出来ません。

自己破産とは

裁判所に破産申立を行い、税金以外の全ての債務をチャラにしてもらいます。その際、持ち家や車などの全ての資産を手放す必要があります。

自己破産デメリット

自己破産をした後はブラックリストに載る為に、約5~10年ほどは新たな借入が出来なくなります。また、一部の職業には就けなくなります。(警備員や保険など)

 

債務整理や自己破産というと大変なことのように聞こえますが、デメリットを見ると案外少ないことに気がつくと思います。

 

債務整理の種類によっては5年から最大で10年、新たな借り入れが出来ないという事が最大のデメリットですが、例えば再就職に不利になるとか、戸籍に載る、銀行の口座を持てなくなる等という事はありません。

 

また、ブラックリストに載る期間は現金で生活する習慣を取り戻す期間として捉える事で、期間が過ぎた後は住宅ローンを通すこともクレジットカードを持つことも可能になります。

 

債務整理は法的に認められた手段で有り、借金の整理をする事で人生をやり直すきっかけになるモノです。

 

今多重債務で苦しんでいるのであれば、出来るだけ早く専門家に相談することをオススメします。

カードローン地獄から脱出した私の経験談

借金の支払い地獄に陥っている方に少しでもお役に立てればと思いこのサイトを立ち上げたので、私の体験と借金問題を解決した流れを参考にして頂き、人生をやり直すきっかけにして頂ければ嬉しく思います。

 

年齢性別:30代男性
借入先:プロミス、アコム、アイフル、モビット、セントラル、クレジットカード
借入件数:6件

借入期間:20010年~2014年
任意整理時期:2014年
借金総額:300万
任意整理後:月額返済→毎月9万円から2万8千円に減額

 

もともとはそれほど散財するような癖もなく、ギャンブルをする訳でもない私が、まさかカードローン地獄に陥り借金地獄に陥るとはかつては思ってもいませんでした。

 

しかしお恥ずかしい話ですが、友人の結婚式が重なった月に彼女とのデート費用が足りなくて利用したのがクレジットカードのキャッシングで、それが私の借金生活のはじまりでした。

 

ショッピングでもあまりクレジットカードを使わなかった自分が、一度カードローンを利用するとリボ払いなら支払い額は少なくて済むので返済にこまることもないだろうと、安易な気持ちで何度か借り入れをしてしまいました。

 

コンビニのATMでも直ぐにキャッシングできるクレジットカードは、慣れてしまうと貯金を下ろすように借金してしまうんですね。

 

そうなるとキャッシングすることに抵抗がなくなり、借金という重みをあまり考えなくなってしまい、ちょっとした時にも利用するようになってしまいました。

 

更に借りて多重債務におちいりました

 

もちろん、借り入れには限度額というものがあり 何度も何度も借り入れを繰り返し、借り入れしたお金があることが前提の生活をしていた為、生活費にさえ困るようになりました。

 

光熱費さえ払えない日もあり、支払日に近くなると毎月返済の為の資金繰り地獄に陥ったのです。

 

カードローンはリボ払いにすると金利が高く、返済しても元金がナカナカ減らず、気付かずにクレジットカードで買い物したりキャッシングし続けると直ぐに限度額が一杯になり、簡単には逃れられない借金地獄に陥ります。

 

このカードローンのリボ払いが落とし穴で、毎月一定額で支払いが楽だという言葉を真に受け、支払残高がドンドン膨らんでいく金利の高さに気付かず、支払い地獄に陥っていったのです。

 

いつも借金返済明細を見るのがつらく、返済が遅れるとローン会社から電話が掛かってきて、その度に心臓がドキッとする毎日でした。

 

このタイミングで借金を整理すべきでしたが、複数の消費者金融で借入を繰り返し、とうとう多重債務者として借入総額が300万円という限度額一杯まで借り入れしてしまったのです。

 

総額300万円の借金を抱えリボ払いに設定して毎月9万円の返済でしたから、家賃や生活費を除いて毎月の支払いは厳しく、そうなるともう支払いが滞り破産するのは時間の問題でした。

 

元利定額リボルディング払いの計算例

 

300万円を平均金利18%リボ払いで利用し月々の支払金額が90000円だった場合。

 

支払い回数は34回で支払総額は3,728,746円となり、利息だけで728,746円支払うことになります。

 

一気に300万円借り入れた訳ではないですし、私の場合借入先の金利はバラバラでしたが、借金の合計金額を平均金利のリボ払いで計算するとこうなります。

 

これは、合法的な金利で70万以上も支払う必要があるから恐ろしいのです。

 

もし、あのときそのまま放置していたら・・・間違いなく支払いが滞り破産していたでしょう。

 

今あなたがカードローンの毎月の支払いに苦しんでいるなら、合法的に借金がどれくらい減額されるかを調べておくことオススメします

 

私も利用しましたが、匿名で利用できて10秒で結果がわかります → 無料!借金減額シュミレーター

 

弁護士に相談して債務整理をすることに

 

毎月の支払いが苦しい中、その頃付き合っていた彼女との結婚を考えるようになった事が自分の中で転機と感じました。

 

さすがにこんな借金に追われている状態ではとても結婚できたものではありませんし、デートでもお金を使わなくなった私の様子を彼女も気付いていたようでした。

 

カードローン地獄を何とかしたいとネットで情報を集め、こちらの減額診断で100万円にまで減額され利息もカットされることが解りました。

 

弁護士さんとの初回の無料相談では丁寧に状況をヒアリングしてもらい、個人再生が最善だと勧めて頂き、債務整理をすることになりました。

 

債務整理と聞くと自己破産しか思い浮かばなかったので、金利をカットするだけでなく元金も大幅に減額してもらえる個人再生はとてもありがたかったです。

 

結果的としては、300万円の借金は200万減額され、残り100万円を3年間で毎月2万8千円ほど返済することにして頂けました。

 

債務整理すると個人信用情報と呼ばれるブラックリストにのるデメリットもあるので躊躇する気持ちがありましたが 結婚後のことを考えると早めに動いておけて良かったと思っています。

 

個人再生後は5年ほどカードも作れないし、もちろんその間は住宅ローンの様な大きな借り入れはできませんが、結婚前に早めに個人再生したことで、整理後5年ほど経って信用情報を調べて消えていれば住宅ローンも通るとの事でした。

 

実際、私は個人再生後に3年間かけて完済し、無事にそのときの彼女と結婚もできましたし、先月住宅ローンの審査も通すことができました。

 

借金で悩んでいたときの自分には夢物語のように感じていたことが現実になり、幸せな生活を送れているのが奇跡のように感じています。

 

本当に、親身になってくれた友人と弁護士の先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

 

今現在、多重債務に陥って支払いに苦しんでいる人にはできるだけ早く、弁護士なり司法書士なり法律の専門家に相談することを勧めます。

 

あの頃の自分のように、カードローン地獄で生活費もままならない日を送り、支払いの事ばかりを考えて暮らし、支払日になると返済の事で気の休まらない状態の方がいれば、心の底から早く無料相談するべきだと伝えたいです。

 

自分一人の力では借金問題を解決することは本当に難しいですが、借金地獄に陥っているのに放っておく事は状況を悪化させるばかりで一番駄目なんです。

 

弁護士に無料で相談することで、借金の解決方法がある事に気付き、自分の未来もまだまだ明るく、やり直せる事が解ると思います。

 

債務整理の種類とその違いについて

 

債務整理には任意整理の他、個人再生、自己破産と種類があり、それぞれ減額できる金額やブラックリストに載る期間、財産を保有したままできるかなど条件が違います。

 

弁護士の無料相談にいったときに、借り入れた時期や金額、金利や借入先の種類などから、私の場合は任意整理が良いと勧めて頂きました。

 

借金の減額 個人信用情報 (ブラックリスト) 家などの財産保有
任意整理 金利カット・元金減額交渉 5~7年 選択できる
個人再生 5分の1~10分の1に減額 5~7年 選択できる
自己破産 0円、チャラになる 7年~10年 選択できない

※他にも条件など細かな違いがあるので、詳しくは専門家にご相談下さい。

 

もちろんそれぞれ費用もちがい、任意整理、個人再生、自己破産の順に費用も高くなり期間も長くかかります。

 

また、140万円を超える借金がある場合は法律で弁護士しか扱えないので、司法書士では対応できないという事でした。

個人再生で私が減額してもらった事例

プロミス 50万→15万

アコム 50万→15万

アイフル 50万→20万

モビット 50万→20万

セントラル 40万→10万

クレジットカード 60万→20万

債務整理を依頼する際の選ぶポイント

カードローン地獄から抜け出すと覚悟を決めたら、まずは司法書士か弁護士に債務整理の相談をするべきです。

 

実際に私が弁護士に依頼した際、減額シュミレーターを利用した後に4つの弁護士事務所に無料相談に行って費用の違いを確かめてから依頼しました。

 

4つの法律事務所に相談して思ったのは、費用が安いのはもちろん債務整理の経験が豊富な弁護士を選ぶべきと言う事です。

 

個人再生の交渉なども、弁護士事務所によってかなり違いが出るそうですが、大きなトラブルも無く個人再生で減額できたというのは、本当にリヴラさんの弁護士の力だったと思います。

 

また、初期費用がかからない事、債務整理の費用自体を分割で受けてくれるという点も重要で、よくわからないまま弁護士を選ぶと総費用がぐっと高くなるのでご注意ください。

 

カードローン地獄でお悩みの方、借金の事、返済の事ばかりを考えていると気持ちがふさぎ込んでしまい、明るい未来を考えられなくなりませんか?

 

わたしもそうでしたからよくわかります。

 

ですが、日本では借金問題を合法的に解決することが認められていますから、整理することで人生をやり直すことが出来ます。

 

一人で支払いに悩み苦しむのをやめて、手遅れになる前に専門家に相談してください。

 

以下に、私が実際に個人再生をお願いしたリヴラ総合法律事務所ご紹介しておきます。

 

 

リヴラ総合法律事務所

 

リヴラ総合法律事務所

私がお世話になった弁護士事務所です

 

初期費用0円で2社以上借入れ専門の弁護士事務所で、24時間365日全国対応、初回の無料相談も非常に丁寧です。実績も豊富で費用は安く分割可能だった為お願いしました。

 

詳細はこちら

 

 

TOPへ戻る
QLOOKアクセス解析